お風呂は何分入ったほうが良い?毎日のお風呂は子どもにとって重要?

健康のために10分以上お風呂に入っている大人もいますが、これは大人だけでなく、子どもに対しても友好な健康法です。ただし、子どもの場合は大人とは違い、以下のような問題も理解して長時間のお風呂を勧めたほうが良いです。

まず、長時間のお風呂といっても、のぼせ上がるような長さでお風呂に入っても意味がありません。というのも、長すぎると感じる時間でお風呂に入っていると、かえって気分が悪くなってしまったりしますし、子どもの体調によっては風邪をひいてしまうこともあるからです。

次に、長時間のお風呂を嫌がっているという理由で、親と一緒にお風呂に入れるというのもいけません。このような対処法では、子どもがお風呂そのものを嫌がってしまいますし、親子関係が悪化してしまうこともあるからです。

それと、親と一緒にお風呂に入るという行為は、子どもに対して強い圧迫感を与える行為でもあります。親と一緒に子どもがお風呂に入っていると、家族団らんの一時と感じる人もいますが、実際は子どもがのぼせやすい状況を作っているだけなのです。

子どもというのは、親が思っている以上に繊細であることを理解しておきましょう。実際に、子どもが親と一緒にお風呂に入っていると、大きな壁のようなものが近くにあって、しかも狭いお風呂に入っているという感覚になります。

そのため、圧迫感による緊張によって疲れやすくなったり、体温が上がりやすくなったりするのです。しかも、親によっては2分、もしくは3分以上お湯に浸からないと、お風呂の効果を得られないということを念押しするケースもあります。

ですが、お風呂の温度によっては2分であっても、かなり熱さを感じるお風呂もありますので、子どもが丁度良いと感じる時間だけ、お風呂に浸からせるようにしましょう。もし、お風呂に慣れてきた際は、5分、そして10分というように、段々とお風呂に入っている時間を長くするようにします。

それと、お風呂に入れる入浴剤は、子どもが長時間お風呂に入ることも考慮に入れる場合、入れないようにしたほうが良いです。というのも、入浴剤には刺激があるもの、もしくはリラックス効果が強いものもあるからです。

刺激といっても低刺激なのですが、子どもの場合は発汗量がかなり多くなるため、お風呂からあがった後も、汗が止まらなくなるというトラブルも存在します。リラックス効果が強い入浴剤も、お風呂に入っている間に、強い眠気に誘われる可能性が上がってしまい、浴槽の中で眠ってしまう危険性があるので注意してください。

また、どうしても子どもが長時間のお風呂を嫌ってしまう場合ですが、お風呂の温度を確認するようにしましょう。長時間のお風呂の場合、温度設定は41度以下が好ましいとされていますし、子どもは42度付近でかなりの熱さを感じるようになります。

大人は42度、もしくは43度付近で熱さを良く感じるようになるのですが、このような小さな差により、子どもがお風呂を嫌ってしまうケースもあります。なので、大人を基準にして設定温度を考えるのではなく、子どもを基準にして設定温度を考えるようにすると、親子で楽しくお風呂に入れるような環境が整います。

歯みがきはなぜ大事?親から子へ伝えたほうが良いことをご案内

歯磨きの大切さについて案内していますが、子どもは、大人と比較して歯磨きを嫌がりやすいものです。なので、今回は歯磨きの大切さだけでなく、具体的にどのようにアドバイスすると、歯磨きを嫌がらない子どもになるのかも案内していきます。

まず、歯磨きの大切さからですが、歯磨きが大切なのは歯の健康を守るためです。そして、子どもの成長を安定化させるために必要なので、今では、テレビなどでも歯磨きの大切さ、歯磨き方法を案内している番組が多くなってきたのです。

子どもの成長と歯磨きにどんな因果関係があるのかと思ってしまいますが、歯磨きをしっかりと行っていないと、子どもであっても、ツルツルの歯、悪臭を感じない歯を保つことができません。子どもの歯というのは、大人と比較してもキレイな葉が目立つので、よほどのことがない限り歯が汚くなることはありません。

ですが、キレイな歯というのは、虫歯菌が一切存在しない歯という意味ではありません。歯に付着している虫歯菌の多くは、歯を汚す際に黄ばみを作り出しますが、子どもの場合は、白い汚れを出すというケースも存在するからです。

つまり、しっかりと磨かないとキレイにならないという特徴があるので、歯磨きはしっかりと行ったほうが良いのです。また、このような虫歯菌の悩みを抱えている歯ほど、酸っぱい悪臭を放つようになります。

なので、子どもに虫歯が見当たらないのに、なぜか口の周りから悪臭を感じるという場合は、歯医者さんで診断を受けたほうが良いでしょう。子どもがかかる虫歯の中には、見えない虫歯と言われている、歯に対して小さな穴を開けて内側から汚すタイプの虫歯も存在します。

子どもが冷たい飲み物を飲んだ際に、口の中がなぜかしびれる、もしくは染みると感じた際も、このような虫歯を疑ったほうが良いでしょう。また、虫歯を少しでも早く良くするためには、しっかりとうがい、そして歯磨きをさせることが大事です。

また、子どもは歯磨きを嫌うケースが目立つので、歯磨きを行う際は、大人と一緒に歯磨きを行うと良いでしょう。子どもが歯磨きを嫌う理由の中に、大人はあまり積極的に歯磨きを行っていないという理由があります。

大人というのは両親であったり、外で出会う大人(学校の先生など)が該当するのですが、このような理由があるので歯磨きをしないと言い張る子どももいるのです。ですが、しっかりと歯磨きをしていると歯がキレイになり、虫歯に悩まされるリスクが小さくなるのを、大人がしっかりと教えてあげると、それをきっかけにして歯磨きをするようになります。

もし、このような対処法でも大きな効果をあげなかった場合は、一度、歯だけでなく口の中を診てもらうという理由で、子どもを歯医者さんに連れて行くようにしましょう。子どもは、歯医者さんの中で聴くことができるドリルのチュイーンという音が嫌いです。

そのため、この音を間近で聴きたくないという思いから、歯の清潔であり、歯磨きを続けることの大切さを学ぶこともあります。北風と太陽のように、押してだめなら引いてみろという精神で、子どもに歯磨きの大切さを教えることが、子どもに歯磨きの大切さを知ってもらい、且つ、キレイな歯を保つ努力を続けさせる対処法なのです。

子どもに教えておいたほうが良いこと!健康のために食事を良く学ぼう

子どもであっても、健康のために食事が必要であることを、早い段階で知っておいたほうが良いとされています。また、どのようなことを教えておいたほうが良いのかというと、主に以下のようなことを教えておくと、将来的にも、健康なままでいられる可能性が高くなるとされています。

健康のために知っておいたほうが良いことその1ですが、食事の回数は減らしてもあまり意味がありません。子どもでもダイエットのために、食事回数を意図的に減らしてしまうケースがあります。

もしくは少食になったりするのですが、子どもの時の過度なダイエットは、むしろ過食症、肥満症を招くだけであるというデータが多く存在するのです。食事をとらないと摂取カロリー量が減るので、体重計の上では健康的な体重になるかもしれません。

しかし、実際は脂肪が減っているのではなく、水分が体の中から失われているだけなのです。すると、体内にあまり水分がないので気分が悪くなったり、もしくは、イライラする回数が増えてしまうようになります。

どうしてもダイエットを行わないといけないという場合でも、せめてご飯、おかずはしっかりと取るようにしましょう。しっかりと栄養をとらない生活を続けていると、骨が脆くなってしまうこともありますし、筋肉が上手くつかなくなってしまうこともあります。

すると、余計に脂肪がつきやすい体になってしまい、余計にストレスを溜め込んでしまう、自信を失ってしまうような状態に陥るのです。それと、ご飯を抜くことに意味はあっても、おかずを抜くことにはあまり意味がありません。

ご飯は炭水化物が中心の栄養となっているので、ご飯の量を減らしたとしても、それほど体調には大きな影響を与えないとされています。ですが、おかずの量を減らしてしまうと、ミネラル、ビタミンのバランスが悪くなってしまうので注意してください。

ミネラル、ビタミンは自律神経の安定にも役立っているので、これらの栄養が長く欠けていると、集中力低下、記憶力低下の問題を抱えてしまいます。なので、食事制限を行う際も、ご飯の量を減らして、しっかりとおかずは食べるようにしたほうが良いです。

健康のために知っておいたほうが良いことその2は、ジュースに含まれている砂糖の量です。正確には、糖質の量が多いので注意したほうが良いのですが、子どもに対する注意喚起では砂糖の量という案内が多いので、今回は、砂糖のブロックに例える形で危険性を案内させていただきます。

まず、子どもが良く飲むジュースですが、平均して、3個ほどの砂糖のブロックが入っています。なので、もしジュースを子どもに飲ませる際は、なるべく水(ミネラルウォーターなど)も飲ませるような形で飲ませたほうが良いでしょう。

というのも、糖分はエネルギーとして使用されない限りは、内臓脂肪に置き換わりやすい栄養だからです。しかし、ミネラルウォーターなどをしっかりと飲んでいると、利尿作用により排尿の頻度が高まりやすくなります。

排尿の際に、体内に溜まっている毒素(塩分、糖分など)が、尿に混ざって排出されやすくなるので、このような方法でも栄養バランスの問題を改善することが可能です。

食事のバランスが悪くなっている!酷いケースでは歯がガタガタになる

近年では、大人にも見られる歯並びの悪さについてですが、実は子どもでも良く見られるという事例が増えてきました。子どもの場合、以下のような問題が原因となって、歯並びの悪さが目立つようになっていきます。

歯並びが悪くなってしまう原因その1は、甘いものばかり食べているため、虫歯菌が増えすぎて歯周病にかかっているからです。甘いものを食べると糖質が歯に吸着されやすくなります。

また、このような問題は歯磨きをしっかりとしていると、簡単に対処できると思われている方も多くいます。ですが、子どもはしっかりと歯磨きをしませんし、なにより歯磨きのコツを知らないケースが多いです。

歯磨きは、食後30分以内に行う必要があり、歯ブラシは斜めにして歯茎を洗うことが重要となります。これらをしっかりと守らないと、口いっぱいに虫歯菌が増殖してしまいますし、酷いケースでは口ではなく、歯の神経を痛めてしまうこともあるのです。

歯並びが悪くなってしまう原因その2は、食事による栄養バランスとされています。栄養バランスが、なぜ歯と関係しているのかと思ってしまいますが、歯も日々新しくなっていますので、その際に、多くの栄養が用いられるようになっているのです。

特に重要な栄養はミネラル、たんぱく質、そしてカルシウムです。歯が新しくなる際に重要な栄養なのですが、ミネラルは歯の清潔を保つのに必要な栄養、たんぱく質は、歯肉(歯の周りの肉)を丈夫にする際に必要な栄養、そして、カルシウムは歯そのものの強度を上げる際に重要とされています。

また、どうして今時の子どもたちほど、これらの栄養が欠けていると言われることが多いのかというと、それは食事を抜く習慣が存在するからです。歯並びが悪くなってしまう原因ともされていますが、ドリンクなどに頼って栄養補給を繰り返していると、アゴが発達しなくなり、これは歯肉にも悪影響を及ぼすようになります。

歯肉が弱ってしまう、もしくは神経を虫歯菌に侵されやすくなってしまう状況を作り出し、このような問題が露出するようになると、虫歯による痛みが発生するようになるのです。厄介なことに、このような問題を放置していると、歯並びまで悪くなってしまいます。

子どもの場合は、歯医者さんで治療を受けると、保隙装置(ほげきそうち)と言われている、歯をきれいに整える治療器具を使ってもらえるため、このような治療を意識して、歯並びの悪さ、そして虫歯の問題に対処すると良いでしょう。また、歯並びの悪さを放置していると、虫歯だけでなく、生え変わってくる歯にまで悪影響を及ぼすようになります。

例えば、白い歯が生えてこなくなり、黄色に近い色合いの歯が生えてくるようになるのです。これは、歯に存在するエナメル質の問題であり、歯磨きなどによるホワイトニングで対処できる問題ではありません。

さらに、虫歯菌が増殖を続けていると、脳などの内臓にも悪影響を及ぼすようになります。すると、子どもであっても脳の動きがおかしくなったり、もしくは発熱、下痢といった症状が増えてしまうため、早めに歯医者さんで治療を受け、今後の生活に関するアドバイスも受けるようにしたほうが、より安全な生活を送れるようになります。