子どもに教えておいたほうが良いこと!健康のために食事を良く学ぼう

子どもであっても、健康のために食事が必要であることを、早い段階で知っておいたほうが良いとされています。また、どのようなことを教えておいたほうが良いのかというと、主に以下のようなことを教えておくと、将来的にも、健康なままでいられる可能性が高くなるとされています。

健康のために知っておいたほうが良いことその1ですが、食事の回数は減らしてもあまり意味がありません。子どもでもダイエットのために、食事回数を意図的に減らしてしまうケースがあります。

もしくは少食になったりするのですが、子どもの時の過度なダイエットは、むしろ過食症、肥満症を招くだけであるというデータが多く存在するのです。食事をとらないと摂取カロリー量が減るので、体重計の上では健康的な体重になるかもしれません。

しかし、実際は脂肪が減っているのではなく、水分が体の中から失われているだけなのです。すると、体内にあまり水分がないので気分が悪くなったり、もしくは、イライラする回数が増えてしまうようになります。

どうしてもダイエットを行わないといけないという場合でも、せめてご飯、おかずはしっかりと取るようにしましょう。しっかりと栄養をとらない生活を続けていると、骨が脆くなってしまうこともありますし、筋肉が上手くつかなくなってしまうこともあります。

すると、余計に脂肪がつきやすい体になってしまい、余計にストレスを溜め込んでしまう、自信を失ってしまうような状態に陥るのです。それと、ご飯を抜くことに意味はあっても、おかずを抜くことにはあまり意味がありません。

ご飯は炭水化物が中心の栄養となっているので、ご飯の量を減らしたとしても、それほど体調には大きな影響を与えないとされています。ですが、おかずの量を減らしてしまうと、ミネラル、ビタミンのバランスが悪くなってしまうので注意してください。

ミネラル、ビタミンは自律神経の安定にも役立っているので、これらの栄養が長く欠けていると、集中力低下、記憶力低下の問題を抱えてしまいます。なので、食事制限を行う際も、ご飯の量を減らして、しっかりとおかずは食べるようにしたほうが良いです。

健康のために知っておいたほうが良いことその2は、ジュースに含まれている砂糖の量です。正確には、糖質の量が多いので注意したほうが良いのですが、子どもに対する注意喚起では砂糖の量という案内が多いので、今回は、砂糖のブロックに例える形で危険性を案内させていただきます。

まず、子どもが良く飲むジュースですが、平均して、3個ほどの砂糖のブロックが入っています。なので、もしジュースを子どもに飲ませる際は、なるべく水(ミネラルウォーターなど)も飲ませるような形で飲ませたほうが良いでしょう。

というのも、糖分はエネルギーとして使用されない限りは、内臓脂肪に置き換わりやすい栄養だからです。しかし、ミネラルウォーターなどをしっかりと飲んでいると、利尿作用により排尿の頻度が高まりやすくなります。

排尿の際に、体内に溜まっている毒素(塩分、糖分など)が、尿に混ざって排出されやすくなるので、このような方法でも栄養バランスの問題を改善することが可能です。