偏食の子どもは多い!?なにが原因で子どもは偏食になるのか?

今では、偏食の子どもが増えているため、学校給食の献立に関しても、昔より配慮されるケースが増えてきました。例えば、昔よりも健康バランスを考えた献立が増えてきていますし、味付けが濃いものを増やすことで、偏食を直させる努力をしているのです。

しかし、このような対処だけでは根本的な問題が解決しないため、本気で偏食と向き合いたいという方は、以下を参考にして偏食を直させるように努力しましょう。まず、偏食になってしまった原因を探らないと、偏食の問題はいつまで経っても直りません。

例えば、偏食のケースで有名なものに、夕飯だけしっかりと食べないというケースが存在します。夕飯というと、子どもであればお腹が減っているため、欠かすことのない食事だと思っている人が多くいます。

ですが、今時の子どもは自分のお小遣いを崩すという形で、15時以降におやつ、もしくは夕飯に等しい食事をとっていることがあるのです。食事というのは、3時間~6時間ほどのインターバルを設けて、良い感じでお腹が減るようになっていますので、これでは、夕飯を美味しくいただけなくなるのも当然です。

また、このような食事を繰り返していると、味わいが濃い食べ物でない限りは食べたくないという思いを抱くようになり、過食症に陥ってしまうことも珍しくありません。偏食の子どもというのは、揚げ物、もしくは甘いものを良く食べていることが多いのですが、実は、お腹が減りすぎているので、これらの食べ物を食べているわけではないのです。

正確には、食べるタイミングの影響で、食事をとらないとお腹が減るという自意識が邪魔をして、夕飯より早いタイミングで食事をとってしまうことが多くなっているだけです。つまり、偏食の子どもを改善させるには、しっかりと夕飯を食べさせることが大事と言えます。

それと、味付けが濃い食べ物は適度に食べさせるようにしましょう。偏食の子どもがいる場合、どうしても味付けが濃い食べ物が原因で、偏食が直らないでいると思ってしまう人もいます。

しかし、実際は甘いお菓子、もしくはパンだけというふうに、定まった食べ物しか食べない子どももいますし、味付けが濃くない食べ物であっても、なぜか偏食をやめられない子どももいるのです。このような子どもほど、実際に温かい夕飯を食べてみると、すぐに偏食をやめられたりします。

というのも、夕飯を食べる習慣がなかったために、偏食の子どもになっているだけだからです。味付けの濃い食べ物を食べさせる際のコツですが、必ず臭いにも配慮したほうが良いでしょう。

例えば、ハンバーグであれば香料を用いて、カレーを作る際も辛口よりも、甘口のルーを選択したほうが良いです。調理中に臭いが充満しやすくなりますし、これにより、少食の子どもであっても、お腹いっぱいご飯、おかずを食べようと思うようになるからです。

ちなみに、甘口のルーを用いる理由は、子どもが好きな成分(りんご、ハチミツなど)が多く含まれているからです。子どもは、香ばしい、もしくは甘い臭いに敏感なので、このような臭いを上手に活用して、偏食の問題を解消するよう努力しましょう。

丁寧な口調でしゃべれない!テレビなどの影響で起きている特殊な問題

子どもの中には、意識して丁寧な口調でしゃべらない子どももいます。このような子どもは、周りの迷惑を顧みることができない子どもと思う大人もいますが、実際は、外から影響を受けるという形で口調が悪化しているケースのほうが多いのです。

例えば、テレビなどの影響で口調が悪くなってしまうケースが、今では珍しくないとされています。テレビを見ていると、エンターテインメントなどでボケに対して、ツッコミを入れるシーンを見かけることがあります。

そして、口調が悪いツッコミであっても、周りの人は大声で笑ってしまうほど面白ければ、その流れに押されて笑ってしまうのです。しかし、子どもにとってみると、口調が悪かったとしても面白ければ許されると考えるようになり、テレビの影響で口調の悪化が止まらなくなることもあります。

また、統計上でもテレビからが約86%、母親からが74%、父親からが70%という数値で、口調に関する影響を受けている子どもが、主にメディアを中心として増えているというデータが存在するのです。もし、このような問題を見かけた際ですが、単純にテレビを見せないというのは逆効果です。

むしろ、一緒になってテレビを見て大笑いしたほうが良いでしょう。ただし、子どもの口調が悪化した際は、あまり相手にしないようにすると良いです。

すると、テレビの中では通じていた口調の悪さが、現実では通用しないということに疑問を抱えるようになります。つまり、エンターテインメントはあくまでも番組なので、現実で起きていることとは別なのだと理解させると、子どもも口調の悪さが原因で、関係が悪化することを考え直すようになるのです。

その他のケースでは、流行語の影響で口調が悪くなってしまうというケースがあります。最近のものでは、政治家の発言を録音したもので有名になってしまったものもありますが、このような流行語を知って子どもが真似ている場合は、しっかりと注意したほうが良いです。

流行語の厄介なところは大声で発したとしても、周りも流行にあやかっているだけと判断するところです。しかし、大声で会話をする、もしくは人に対して怒鳴るという行為は、マナーを理解できない心になってしまっているのと変わりません。

さらに、このような口調を放置していると、大声でしゃべる、命令形でしゃべるだけで、人は言うことをきくようになると勘違いする子どももいます。もし、このような子どもを怒る際は、子どもの声より大きな声で怒ると良いでしょう。

迷惑をかけてしまうと、酷い場合には倍返しの目にあってしまうということを教え、体感的に良くないことをしてしまったと理解させると、次からは、流行語であっても声を抑えてしゃべる癖が身に付くようになります。叱られた後は、誰かに迷惑をかける意味合いで流行語をしゃべることが減るので、このようなケースであれば、流行語に対して微笑んであげるようにしたほうが良いです。

年上との会話で顔が熱くなる!?人見知りが悪化するとどうなるのか

人見知りが原因で、顔が熱くなるといった独特な問題を抱えている子どももいます。ですが、このような問題は人見知りのみが原因となって、起きている問題ではないというケースも存在します。

もし、人見知りが原因で顔が熱くなってしまう場合、声などがこもっていないか確認してみると良いでしょう。人見知りの場合、どうしても顔をそらせて会話をしようとするため、声がハッキリと出ないというケースが多いです。

さらに、上手く発声できていないため、相手に自分の意思を伝えるのが難しくなってしまい、そのことを考えてしまうと恥ずかしくなってしまうのです。このような問題を抱えている場合は、回数をこなして対処するのが最善です。

というのも、相手と会話をしている内に、段々と人間はリラックスすることが多く、これは子どもであっても変わりません。年上との会話で顔が熱くなるのも、慣れない行動によって脳が熱くなり、そして顔が熱くなっているだけなので、それほど心配する問題でもないのです。

ですが、いつまで経っても顔が熱くなってしまい、年上との会話が上手にできないというのは問題です。もし、子どもがこのような問題を抱えているという場合は、書籍などを与えて様子を見てみると良いでしょう。

会話の方法を親が教えてあげるというのも1つの手ですが、活字などを目で追うような形で情報を吸収したほうが、実は良く考えてしゃべるようになります。書籍に関しても、小説、漫画、絵本といった、子どもが好きなジャンルの書籍を与えるだけで問題ありません。

親に会話を習った場合、いつも同じような方法で対処してしまうことが多くなるため、書籍などを与えたほうが良いと案内しているのですが、人というのは、良く考えごとをしている人ほど集中力が高く、また、頭の良さが目立つようになるとされています。

年上との会話では圧迫感が邪魔をして、自分なりの思考、もしくは焦る心を落ち着ける自制心が保ちづらくなるため、このような問題を長く解消できないでいると、上手く声を出せなくなるだけでなく、緊張でまったく声が出ないという問題まで起きてしまいます。なので、相手と会話する際はマイペースであることが重要、そして、考えてから発言したほうが良いことを理解したほうが良いのです。

このように落ち着いた会話ができるようになると、会話に熱を伴うことが少なくなるため、会話中に興奮してしまうリスクが下がっていきます。今時の子どもの中には、興奮してしまうと手がつけられないような子どももいますが、このような子どもほど、会話が上手くいかなくなると自棄(やけ)になり、話を途中でやめてしまうことまであるのです。

しかし、このような行為を長く続けていると、人と会話する機会が減ってしまうだけでなく、自己嫌悪に陥ってしまうことも多くなります。なので、年上との会話を教える際は、責任感を持って人と接することがなぜ大事なのかも、可能であれば教えるようにしましょう。

コミュニケーション不足を懸念!人付き合いに問題があるとどうなる?

友達との付き合いが少ないだけでなく、コミュニケーション不足まで懸念されている子どもは、今では少なくないという状況です。しかし、コミュニケーション不足の問題を放置していると、以下のような問題が起きてしまうので注意してください。

コミュニケーション不足による問題その1ですが、極度に人付き合いを嫌うようになってしまいます。あまりコミュニケーションを取ってこなかった子どもほど、どのようにして人と接すると良いのか、どのようにして人の集団の輪に加われば良いのか、そのことがわからないという子どもになってしまいます。

ただ、人付き合いを嫌っている理由は、自分のコミュニケーション不足にありますので、コミュニケーション能力が発達するに従って、このような問題は表に出てこなくなることが多いです。また、このようなコミュニケーションの問題については、なるべく早い段階で人付き合いを覚えさせるかどうかが重要となります。

例えば、相性が良い者同士でつながり合うというのも1つの手でしょう。具体的には、部活動、もしくは趣味で合う相手を探して、一緒に遊んでもらうようにすると、それだけでコミュニケーション不足による問題が解消することもあります。

というのも、相性が良い相手というのは、同じようなコミュニケーション不足の問題を抱えているわけではないからです。進んでコミュニケーションに参加する子どももいますし、すでに友だちが多い子どもだっています。

しかし、今まで人付き合いを行ってこなかった子どもというのは、いきなり大人数と付き合うことに抵抗があるので、まずは付き合いやすい相手を探したほうが賢明なのです。コミュニケーション不足による問題その2ですが、あまりにも長い間で人と会話をしていない場合、上手く発生することができないという問題が出てきます。

このような問題で悩んでいる場合、あまり親子だけで問題解決を図らないほうが良いでしょう。というのも、デリケートな問題なので専門家に診てもらったほうが良いからです。

今では、子ども用のカウンセリングを行っている医者も存在しますので、もし、コミュニケーション不足の問題を上手に解消したいのであれば、病院で治療を受けたほうが良いかもしれません。というのも、病院で治療を受けた際は、抗うつ薬のような薬の処方を受けられるからです。

抗うつ薬は沈みやすい心を改善してくれる薬で、これにより、積極的に人と話せるようになったという人もいます。また、市販薬にも同じような効果の薬は存在しますが、薬の容量が小さいため、大きな効果を期待して使用しても良い結果が出にくいでしょう。

このように脳であり、コミュニケーション不足による精神の不安定というのは、簡単に解決する問題ではありません。また、コミュニケーションは親子同士でも効果がありますので、意識的に話す必要があることをお互いが理解し、積極的にコミュニケーションを取ってみると良いです。

また、気持ちが沈んでいるので会話が盛り上がらないという人もいますが、そのような人ほど、お笑いのDVDなどを見ながら気分をリラックスさせると、それだけでコミュニケーションが楽しくなる、コミュニケーションに自信を持てるようになることが多いです。