歯みがきはなぜ大事?親から子へ伝えたほうが良いことをご案内

歯磨きの大切さについて案内していますが、子どもは、大人と比較して歯磨きを嫌がりやすいものです。なので、今回は歯磨きの大切さだけでなく、具体的にどのようにアドバイスすると、歯磨きを嫌がらない子どもになるのかも案内していきます。

まず、歯磨きの大切さからですが、歯磨きが大切なのは歯の健康を守るためです。そして、子どもの成長を安定化させるために必要なので、今では、テレビなどでも歯磨きの大切さ、歯磨き方法を案内している番組が多くなってきたのです。

子どもの成長と歯磨きにどんな因果関係があるのかと思ってしまいますが、歯磨きをしっかりと行っていないと、子どもであっても、ツルツルの歯、悪臭を感じない歯を保つことができません。子どもの歯というのは、大人と比較してもキレイな葉が目立つので、よほどのことがない限り歯が汚くなることはありません。

ですが、キレイな歯というのは、虫歯菌が一切存在しない歯という意味ではありません。歯に付着している虫歯菌の多くは、歯を汚す際に黄ばみを作り出しますが、子どもの場合は、白い汚れを出すというケースも存在するからです。

つまり、しっかりと磨かないとキレイにならないという特徴があるので、歯磨きはしっかりと行ったほうが良いのです。また、このような虫歯菌の悩みを抱えている歯ほど、酸っぱい悪臭を放つようになります。

なので、子どもに虫歯が見当たらないのに、なぜか口の周りから悪臭を感じるという場合は、歯医者さんで診断を受けたほうが良いでしょう。子どもがかかる虫歯の中には、見えない虫歯と言われている、歯に対して小さな穴を開けて内側から汚すタイプの虫歯も存在します。

子どもが冷たい飲み物を飲んだ際に、口の中がなぜかしびれる、もしくは染みると感じた際も、このような虫歯を疑ったほうが良いでしょう。また、虫歯を少しでも早く良くするためには、しっかりとうがい、そして歯磨きをさせることが大事です。

また、子どもは歯磨きを嫌うケースが目立つので、歯磨きを行う際は、大人と一緒に歯磨きを行うと良いでしょう。子どもが歯磨きを嫌う理由の中に、大人はあまり積極的に歯磨きを行っていないという理由があります。

大人というのは両親であったり、外で出会う大人(学校の先生など)が該当するのですが、このような理由があるので歯磨きをしないと言い張る子どももいるのです。ですが、しっかりと歯磨きをしていると歯がキレイになり、虫歯に悩まされるリスクが小さくなるのを、大人がしっかりと教えてあげると、それをきっかけにして歯磨きをするようになります。

もし、このような対処法でも大きな効果をあげなかった場合は、一度、歯だけでなく口の中を診てもらうという理由で、子どもを歯医者さんに連れて行くようにしましょう。子どもは、歯医者さんの中で聴くことができるドリルのチュイーンという音が嫌いです。

そのため、この音を間近で聴きたくないという思いから、歯の清潔であり、歯磨きを続けることの大切さを学ぶこともあります。北風と太陽のように、押してだめなら引いてみろという精神で、子どもに歯磨きの大切さを教えることが、子どもに歯磨きの大切さを知ってもらい、且つ、キレイな歯を保つ努力を続けさせる対処法なのです。