マラソンに耐えられない!そんな子どもが抱えている運動の問題は?

今では、マラソンを完走できない子どもが増えてきています。マラソンを完走できないというのは、途中で体力がなくなり倒れ込んでしまう、もしくは、走るのが嫌になって歩いてしまうという問題のことです。

なぜ、このような問題が起きてしまうのか、対処法は存在するのかについてですが、今では、次のような方法で対処するのが良いとされています。まず、マラソンを完走できないのは、体力がないからでは無いというケースが多いです。

なので、自分の子どもがマラソンを完走できないというケースでも、安易になぜ完走できないのかと問い詰めるのは避けたほうが良いでしょう。このような対応では、かえって子どもが運動嫌いになってしまいます。

では、どのような問題が生じているために、マラソンを完走できないのかというと、それは、運動のペースを自分で作れない子どもが増えているからです。今までに、何度かマラソンを経験されている大人の場合、なぜそのようなことが起きてしまうのかという疑問が出てきます。

しかし、昔に比べると日常的に運動しない子どもが増えているので、子どもたちの多くは、マイペースな運動、もしくは自分の体力を計算に入れるという行動が、自然な形でできないことも珍しくないのです。なので、もし子どもの体力を強化したいという場合は、マラソンではなく、1km、もしくは2kmの競歩にチャレンジしてみると良いでしょう。

競歩は歩幅を広げて素早く歩くというものです。大人がチャレンジしてみると、それほど疲れないので、意外と誰にでもできる運動法と思ってしまいますが、子どもはすぐにバテてしまうので注意してください。

ですが、内臓に大きな負担を与えませんし、親とはぐれて運動するというケースが少なくなるので、親に引っ張られる形でグングンと子どもは成長していきます。マラソンを完走できない子どものことを考えると、ついついランニングなどを考えてしまう人もいますが、このような運動は避けたほうが良いでしょう。

というのも、競歩のようなスピードであっても負荷は十分だからです。これにより筋肉が作られるようになっていき、スタミナアップが図れるようになっていくのです。

次に、フォームの訓練を行うと良いでしょう。ウォーキング、競歩などで良く見かけるフォームですが、手をいい加減に振り回すのではなく、手を整えて振ることにより、無駄な力を発生させないというのがフォームの趣旨です。

マラソンの訓練でも良く登場するフォームですが、5kmほど走れる人物であれば7km、もしくは8km走れるほどの体力になるほど、フォームの効果は大きいとされています。また、フォームを学ぶ際は腕が大きく動かないように、腕を脇腹に固定するような感じで手を動かすと良いです。

後は、スポーツシューズを履き潰しておくことも大事です。靴ずれは、子どものような皮が薄い時ほど痛みが強いので、新品のスポーツシューズのほうが運動に最適と思わないほうが良いです。かかとの部分を何度も足で潰して、柔らかくしてからマラソンに挑むようにすると、それだけで運動面が強化される子どももいます。

スキップができない?今時の子どもたちはなぜスキップができない?

今時の子どもたちは、スキップができないと言われています。また、スキップできないというのは、子どもたち全員がスキップできないという意味ではないので注意してください。

というのも、大人であっても10人に1人程度はスキップができませんし、子どもの場合も5人に1人はスキップができないという状況なのです。大人と比較すると、子どもの中にスキップできる子どもが少ないので、今ではテレビで取り上げられることが多くなっただけということを理解し、子どもと接したほうが、スキップについて正しく教えられるようになるでしょう。

また、スキップできない人の特徴についても今ではわかっています。スキップできない人の特徴その1は、リズム感が悪いのでスキップできないとされています。

スキップする時に力を入れてしまうと、そのタイミングでリズム感が乱れてしまうので、もし、正しいスキップを教えたい際は、足の力を抜いてからスキップするようにしたほうが良いことを伝えましょう。また、最初はリズム感を発達させるために、1、2というふうに声を出したほうが良いです。

実際に、ジャンプする際に「1、2の3でジャンプ」という掛け声を用いると、ジャンプする時のタイミング、もしくはジャンプ力の強化につながったというデータもあります。もし、子どもが掛け声を嫌がっているようであれば、大人のほうで気を使ってスキップの音頭を取ってあげると良いでしょう。

スキップできない人の特徴その2は、思考力が高いからと言われています。つまり、「今からスキップしないといけない、左足から足をあげて、足が上がってから足を下ろして・・・」というふうに、体の動きを頭で正確に理解してから、スキップする子どももいるのです。

しかし、このような理屈を踏まえてスキップの練習を行っても逆効果です。スキップは感覚的にできるものなので、まずは簡単にスキップするだけで良いことを伝え、1回1回の動作が遅すぎるのを注意したほうが良いでしょう。

実際に、思考が長く続くほど足がもつれるなど、危険な事故につながるステップも存在するのです。昔に比べて、子どもは良く考えてから行動を起こす子どもも増えていますので、今時の子どもにスキップを教える際は、横でスキップをしてあげて、スキップがどんな感じなのか、その雰囲気を伝えてあげることが大事です。

スキップできない人の特徴その3は、筋肉量の問題とされています。昔に比べて、今時の子どもは好んで運動をしないとされていますので、しっかりと運動もさせてから、スキップをさせるようにしましょう。

特に大事なのが柔軟体操とされています。子どもの体は大人に比べて柔らかいと思ってしまいますが、今時の子どもはイスに座っている時間が長いので注意してください。その影響で体が硬いだけでなく、柔軟体操の方法も知らないため、体を無理に伸ばすことを柔軟体操だと勘違いしている子どももいます。

なので、柔軟体操を教える際は運動前に体をほぐしたほうが良いこと、柔軟体操はゆっくりと行うのが肝であることを伝えましょう。ただ、スキップ自体の難易度は高くないので、毎日練習していると1週間程度で身に付くため、それほど苦労することもなく覚えられる子どももいます。

運動能力低下が懸念されている!具体的にどれほど能力が低下した?

子どもの運動能力低下が良く指摘されています。ですが、ニュースで見る限りは、それほど酷い状況にはないと思ってしまうため、今回は、具体的にどのような運動能力低下の問題が起きているのかを案内していきます。

運動能力低下の問題その1は、肥満傾向にある子どもの体型に関する問題です。具体的な数字を挙げると、ほぼ肥満傾向にある子どもが増え続けている状況となっており、30年前と比較すると、男子の肥満率が約2倍という状況になっているのです。

つまり、運動能力が激しく低下しているという問題よりも、適切な運動習慣を設けていないため、肥満の問題にさらされている子どもが多いことを、テレビなどのメディアは報じているわけです。また、どうしてこのような問題が起きるのかというと、それは二極化が進んでいるからです。

昔に比べて、運動を健康のために行う人が増えてきているのですが、運動習慣による生活上のリスクを真面目に考えているのは大人ばかりです。つまり、子どもにしてみると蚊帳の外で起きている問題ということで、それほど真面目に運動習慣のリスクを改善しようとしません。

実際に体力測定を行ってみると、体力の差が歴然という状況になっています。また、子どもの頃は伸び伸びとした環境で育てたいという親が多いため、子どもも、肥満にあることを疑問に感じない傾向にあります。

これらの問題が、肥満、そして運動能力低下の問題を加速させているのです。ただ、中学生以降は体力だけでなく、社会に出てからの不便を問われるケースも多いため、中学生以降は体力に注意し、肥満体型を改善する子どもが多いため、現状としては、幼児期、もしくは小学生の間は、肥満に悩まされる子どもが多いという状況となっています。

運動能力低下の問題その2は、イメージが先行しているので正しく運動できないという問題もあります。今時の子どもの多くは、自分の体が具体的にどのような動きをするのかわかっていないため、運動を始めると同時に、自分の体が上手く動かないことに驚くとされています。

大人では考えられないことですが、運動そのものが二極化している現代においては、激しい運動をする機会が少ないため、自分の体について良くわかっていない子どもが増えてきたのです。このような問題の厄介なところは、競技に参加するようになってから目立つようになってきます。

例えば、走り幅跳びといったジャンプしなければいけない競技、もしくは、水泳といった体を全体的に動かさないといけない競技が該当します。子どもの多くは、それほど体力に問題がないため、これらの競技もスムーズにこなせると思っているケースが多いです。

しかし、イメージのように体が動かないため、チグハグな動きになってしまうケースもあれば、水泳中に溺れてしまうことにより、水泳を嫌いになってしまう子どももいるのです。このような問題の多くは、日常的な運動不足により起きているとされています。

なので、少しでも子どもの体力を強化したいと考えているのであれば、スイミングスクールに通わせるといった、実質的な問題を解決できる施設に、子どもを送ったほうが良いでしょう。子どもの場合、5歳未満から水泳を習っているだけで、水泳中の呼吸、水の中で目を開けるといった動作を怖がらなくなります。

もしくは、家族でウォーキング、ハイキングを行うなどして、親の体力を子どもに見せる形で、体力の重要性を子どもに説くというのも上手なレッスン方法であったりします。

食事バランスも睡眠に影響を与えている!腹八分が体に良いって本当?

大人の間でも言われていることですが、子どもの場合も、食事バランスは健康に欠かせない重要なテーマの1つです。というのも、以下のような栄養のバランスが乱れている、そんな家庭が今では増えてきているとされているからです。

食事バランスの問題その1ですが、基本的に塩分、糖分を多く摂取しても良いことはなにもありません。最近では、白米を食べ過ぎると太りやすい体質を改善できない、と言われることが増えてきました。

ですが、これは白米を食べている人が太っているという意味ではなく、糖質を摂り過ぎると、どうしても太りやすい体質になってしまうので、このような注意喚起が目立つようになっているだけです。なぜ塩分、糖分を摂りすぎてしまうことがいけないのかというと、以下のような問題を引き起こすリスクが高まるからです。

塩分は、体内の血液(もしくは体液)を循環させる際に用いられています。つまり、栄養を補給した際に栄養を血管から運び出すのですが、その際に、円滑に栄養が体内をめぐっているかどうかは、塩分を適度に摂取しているかどうかにかかっているということです。

逆に、塩分をまったく摂取しない場合、血の巡りが悪くなってしまうので、血液がドロドロになってしまうこともあります。このような問題を放置されていると、体調不良を訴える回数が多くなり、食事そのものも楽しくなくなってしまうことがあります。

なので、減塩の味噌汁などを食べることは問題ないので、極端に塩分の摂取を減らすのは体に良くありません。また、人間の脳というのは適度に栄養が補給されていないと、正常に動作しないという問題も存在します。

脳には多くの栄養が行き渡っていると思われがちですが、栄養の補給、運搬が上手に行われていないと、脳以外の内臓などに多くの栄養が行き渡り、かわって脳にはあまり栄養が行き渡らなくなるのです。このような問題も存在しますので、過度な食事制限、塩分の制限だけは避けたほうが良いでしょう。

脳の問題の中には不眠症に関する問題もあります。なので、脳の健康を考慮して塩分を摂取したほうが、健康な毎日を送れるようになるのです。

食事バランスの問題その2は、糖分による血の巡りの悪化です。塩分だけでも血の巡りが悪くなることはありますが、糖分を摂取しすぎると呆けてしまうことが多くなり、体を動かすことそのものが億劫になってしまうのです。

というのも、糖分はエネルギーに変換されやすい性質があるため、大量に摂取してしまうと、血の巡りが一時的にかなり良くなってしまうからです。しかし、その後に血液が普通の状態、もしくは巡りが悪い状態になってしまうと、運動されていないのに疲れを感じるような状況になってしまうのです。

このような問題は、子どもに対して特に配慮したほうが良い問題です。というのも、子どもが好きなハンバーグ、チャーハンには多くの塩分、糖分が含まれていますし、良く食べる子は大きく育つと思っている親が多いからです。

どのような食事であっても、基本的に大量摂取に意味はありませんので注意してください。また、血の巡りをなるべく悪化させたくない場合、食事中に休憩を挟むような形で、小まめな水分補給を行わせたほうが良いでしょう。

水分をしっかりと補給すると、それだけで血の巡りが良くなりやすいですし、お腹に水が溜まるので、過度な食事を行うリスクも低減します。