意外と知らない人が多い?子供たちにも見られるようになった偏食とは

偏食とは、言葉のとおり偏った食事のことを言います。つまり、野菜だけとか、肉だけの食事を繰り返している場合に、偏食という言葉を用いるのが適切なのです。

ですが、今では偏食が乱用されすぎたせいで、子どもの偏食を勘違いされる人もいます。例えば、パンだけを食べることを偏食というのはおかしいです。

というのも、パンにはバター、クリーム、もしくはピザトーストのような具がセットになっているパンもあるからです。このようなケースは、子どもならではの偏食であることを理解したほうが良いでしょう。

今では、パン(洋食)よりも和食のほうが健康的と言われていることもあり、偏食について過敏に反応される人もいるのです。例えば、今まで食べたことがない納豆を食べさせたり、好きなパンを一切食べさせないというご家庭も存在します。

ですが、このような対応を取ったとしても、偏食に関する問題が激減するわけではありません。例えば、パンばかり食べている子どもいたとしても、簡単なサラダ程度は食べるかもしれませんし、コーンスープのような健康に良い食べ物を、好んで食べる可能性があるからです。

子どもというのは、大人の意見を速やかに理解して、さらに適度な対処を望める子どもばかりではありません。特に、子どもの年齢が5歳以下という、わがままが目立つような年頃の場合、上手く折り合いをつけるような形で、子ども特有の偏食と向き合ったほうが良いでしょう。

例えば、先ほどのスープについても栄養価を高くしたい場合は、カボチャのスープを与えてみると良いです。ハロウィンの影響もあり、カボチャで作られたチーズ、アイスなどを喜んで食べる子どもが増えているので、このようなものを与えることで、偏食が良くならないかチャレンジしてみるのも良いでしょう。

それと、パンに一工夫するだけでも偏食が改善されることもあります。例えば、加工されたパン(クリームパン)が好きという場合は、ハチミツを塗りつけたトーストを食べさせると良いでしょう。

子どもというのは、大人に比べて舌が繊細にできています。そのため、えぐ味のあるものを嫌ってしまう傾向にありますので、ハチミツなどの甘みで子どもを満足させてみると良いでしょう。

ハチミツ以外では、ペースト状のトウモロコシを塗りつけるというのも良いです。トウモロコシには多くの食物繊維が含まれていますし、消化がゆっくりとしているのでお腹にたまるという面でも評価されています。

子どもの偏食に関しては、大人らしい対応によって上手に対処すると、想像以上に将来の偏食に関するリスクが低減できます。それと、色々な食べ物を食べさせる工夫もしましょう。

例えば、先ほど案内したカボチャのアイスなど、野菜を使っているアイス、もしくはクリーム(トーストに使用できるもの)を食べさせるのです。昔は、このような商品が高く売られていましたが、今ではアイスなどが100円~150円で入手できるほど、リーズナブルな価格で落ち着いている状況となっています。

1.うつ病(欝病)、不安障害、性格改善、対人関係|岐阜心理カウンセリングルーム
メンタルフィットネスでは、心の悩みを抱える方のメンタルケアを行っています。

2.人間関係と恋愛を科学する雑学サイト-Little Riffle(リトルリフル)-
人間関係や恋愛を科学的視点から見るサイトです。

3.不眠症の原因◆治療して爽快な毎朝を!
不眠症を改善するために、不眠症の原因を考えるサイトです。

4.統合失調症の体験から改善策を学ぶ
統合失調症の改善策を知るための、体験談を集めました。

5.心のケア・悩み相談はカウンセリングオフィスうらら
名古屋で心理カウンセリングを行っている カウンセリングオフィスうららのHP

6.恐怖症克服法.net
薬に頼らず、恐怖症を克服する方法を紹介しています。

7.情緒発達と自閉症
自閉症について分かりやすく紹介しています。

8.あなたの居場所Whereabouts
子供から大人まで、メンタルケアや認知症予防の支援等も行っています。

9.リラクゼーションスペース 風佳 FU-KA
癒しのサロン、リラクゼーションスペース風佳のHP