ストレスで不眠症!?子どもにとってストレスに感じることはなに?

子どもの中には、ストレスが影響して不眠症になるというケースもあります。まるで大人のような不眠症の原因ですが、年齢層によってストレスの意味が違ってきますので、まずはストレスの原因を年齢層ごとで学んでいきましょう。

先ずは幼児期(6歳未満)から案内していきます。幼児期のストレスというのは、自分のことより自分以外のことに対してストレスを感じやすくなるので、以下のようなトラブルを子どもの前で起こさないように注意しましょう。

最も良くないとされている行為は、親同士で口喧嘩などをすることです。このようなストレスは、そのまま内向的な子どもを作り上げてしまう原因になりますし、将来にも影響を与えるとされているストレスの1種なのです。

心というものを形成している時に、このような問題が噴出してしまうと、子どもというのは周りのことを気遣ってばかりいる子どもになりやすいです。まだ赤ん坊であれば泣いているだけなのでわかりづらいのですが、強いストレスを感じてしまうため、精神的に萎縮してしまいやすいとされています。

さらに、幼児期は親とのスキンシップを求めることが多いので、スキンシップを欠かさないようにすることも大事です。ストレスの有無に関係なく、幼児期の間は親、もしくは親と同程度の年頃の人を見て、幼児はなにをすべきなのか、なにを理解したほうが良いのかを学び続けます。

そのため、幼児期は心を形成する大事な時期であると言われていますし、感性豊かな子どもほど、あまりストレスを感じずに伸び伸びと成長するとされているのです。しかし、スキンシップをあまり取れないような環境にいると、自身の存在意義に悩まされるようになり、とりあえず目立てればそれで良いという理由で泣いたり、かまって欲しいという理由だけで物を破損させたり、場合によっては奇声をあげるような子どもになってしまうのです。

幼児期は、子どもの夜泣きなど、泣く行為について色々と言われることがあるため、親もストレスを抱えることが多いとされています。ですが、このような根本的な対処を放置されていると、意外なところで、子どもは本来とは別の成長を遂げてしまい、親でも対処不可能な状況にまでなってしまうのです。

さらに、兄弟喧嘩についてもしっかりと仲裁したほうが良いです。これにより大人という立場の強さ、誰が偉いのか、親の考えを尊重すると良く褒めてもらえるということを理解します。

これにより兄弟喧嘩が減るケースもありますし、会話など平和的な解決を良いものと理解できるようになるのです。実際に、家族関係が悪いだけでなく、兄弟喧嘩が目立つような家庭では、自身の意見を尊重させることだけを考える子どもも多く、これにより学校に通うようになってから、極端にコミュニケーションが減ってしまったという例も存在します。

次に、小学生にあがる学童期(6歳以上12歳未満)について案内します。この頃になると、親が言っていることを正確に理解できるだけでなく、お留守番もできるような年頃になるため、昔に比べて手のかからない子どもになって一安心という親は多くいます。

ですが、日常についてしっかりと話さなくなった場合、ストレスが溜まってきていると理解したほうが良いでしょう。学童期で最も多いストレスは、対外関係が上手くいっているかどうかなのです。

例えば、仲間外れにあっているようであれば、昔から付き合いのある子どもとは親しくしたほうが良いと説き、また、教師に助けてもらう形で、精神上の問題を親以外の大人に聞いてもらうことも大事です。これにより、ストレスを溜め込む癖が改善されやすくなります。